オンラインカードゲーム「アルテイル」で活動している白の聖皇のブログです
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■聖皇珍道中ミニ劇場第5話 Episode04
2008/06/23 Mon聖皇珍道中ミニ劇場
注意:以下の物語は白の空想で出来ています。実際の設定とは少々ズレが生じるのでご了承ください

--------------------------------------------------------------------------

~前回のあらすじ~
ラルトの引き篭った原因は誰にも見られない故の悲しみだった!
彼を救うため、聖騎士達は策を練る。
すなわち、『ラルト超絶強化計画』!!




ミレリア

「……で、まずは何をするのですか?」


ディストリア

「ふむ、まずは原因の解明からだな。」


デュランダル

「と言いますと?」


ディストリア

「ラルトが人気者になれない理由はどこかにあるはずだ。そこを改善すればきっとなんとかなる!」


ラルト

「そうか!よし、私のどこがいけないのか言ってくれ!!」


ディストリア

「そうだな……」














デュランダル

「ルックス。」


イベール

「カリスマ性。」


インザーギ

「カードとしての性能では?」


ミレリア

「全部合わせて存在全否定ですね。」


ラルト


orz


ディストリア

「お前達……いきなりヘコませてどうするんだ。」


ラルト

「わ、私なら大丈夫だ!とりあえず一つ一つ改善策を考えるぞ!!」


ディストリア

(メンタルも若干改善の余地有りと……)


ミレリア

「とりあえずルックスとカリスマ性は直すのは少し難しいのでは?個人の嗜好なども混ざりますから。」


ディストリア

「流石、人気を保つために鯖読んでるだけのことは――」

















ゴスッ!!


















イベール

「おいディストリア、こんなところで寝るな。」


インザーギ

「とりあえず話を続けましょうか。」(私は何も見ていない……)


デュランダル

「残された改善点はカードとしての性能……というよりむしろ必殺技では無いでしょうか?」


ラルト

「必殺技?私にだって『天空剣』や『隼の閃光』という立派な必殺技が……」


デュランダル

「わかってませんね……」


ラルト

「?? 一体何が……」


デュランダル

「人気を取るのに必要な物、それはズバリ













派手さです!!」














ミレリア

「……そうなんですかイベール?」


イベール

「私に聞くな。」


デュランダル

「ヒーローに必要な物はなにより派手さです。私の『失われた興味』やミレリアさんの『魔剣嵐』のように派手な物でなければいけないのです!それを貴方は……」














飛ぶ斬撃を放つ『天空剣』?














見切れぬ剣を繰り出す『隼の閃光』?














デュランダル

「そう、ルックスカリスマ性軽さ使いやすさスキル性能云々の前に

派手さが足りない!!


ミレリア

(そんな話聞いたことも有りませんが。)


イベール

(スラッシュしか持ってない私はどうなるんだ?)


インザーギ

(今日のデュランダルはずいぶんとはっちゃけてますね……)


ラルト

「……教えてくれデュランダル。私はどうすれば良い?」


デュランダル

「作るのです。そう――














――新しい必殺技を!!」














デュランダル

「…・・というわけで、今日は私があらかじめサンプルを用意しておきました。」


イベール

「待て、流石に都合が良すぎないか?」


デュランダル

「何、気にすることはありません。それでは早速見てもらいましょう。」













科学忍法・火の鳥!


科学忍法『火の鳥』













デュランダル

「伝承に出てくるような火の鳥になって体当たり。これは有翼族のみに与えられた特権と言っても過言では無いでしょう!さあラルトさん、これをマスターするのです!!」


イベール

「馬鹿馬鹿しい。こんなものを――」


ラルト

「カッコいい……」


イベール

「――は?」


ラルト

「気に入ったぞデュランダル!私は是非この技をマスターする!!」


イベール

「な……ラルト、お前まさか本気で


ラルト

「いくぞぉぉぉぉぉぉおおおお!私は鳥になる!!」


ミレリア

「貴方は元々鳥では……って行ってしまいましたね。」


デュランダル

「ははは、まさか本気にするとは思いませんでしたねぇ。」


インザーギ

「デュランダル、貴方という人は……」
















翌日
新聞の一面を『隼の聖騎士、王城内でガソリンを被って松明振り回し大暴れ』という見出しが飾ったとか飾らなかったとか

~終わり~
スポンサーサイト
HOME
プロフィール

白の聖皇

Author:白の聖皇
トレジャーバトルとチャット大好きなアルテイラー
現在は一時的にギルド『ぺたぺた屋』に加入中
最近は寮のサーバーの問題でアルテイルにログイン出来ないため、更新は小説やイラストがメインになりつつ……
時々友人の家からこっそりログインしてたりしますが
プロフ画像はしぇらさん作
なかなかいい感じデス

最近の記事
最近のコメント
リンク集
リンク集へ

カテゴリー
聖皇珍道中ミニ劇場
アルテイル小説
イラスト・加工展示室
伝える事
このブログは相互大歓迎です
お気軽にコメントにお書きください

(c)Gamepot Inc, All Rights Reserved. / (c)2008 GP CoreEdge Inc, All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社GPコアエッジに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
聖皇珍道中バナー
聖皇珍道中 ~逸れっ放しアルテイル~ バナー

バナーはこちらをどうぞ

月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
管理者ページへ

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。